☆脱!カラオケコンプレックスサイト内で迷ったら カラオケサイトとレッスンのよくある質問と回答 ☆脱!カラオケコンプレックス更新情報 初心者カラオケ選曲のポイント カラオケ上達ワンポイントアドバイス カラオケ上達とピアノ弾き語り教室のご案内
カラオケ上達 HOME > カラオケで歌いやすい曲を探す > カラオケで歌う W(ダブルユー)

カラオケで歌うアーティスト特集

W (ダブルユー)


今回の特集は、2004年発売、 W (ダブルユー) のカバーアルバム、
「デュオ U&U」 からのナンバーです。
過去の女性デュオのヒット曲を元モーニング娘。の二人がカバー。
※ジャケット表示のため画像にアフィリエイトタグを使用しています。 クリックで外部サイトが別窓で開きます。


   W(ダブルユー)は、モーニング娘のツートップと呼ばれた 辻希美と加護亜依の二人からなるデュオ。 このアルバムでは、過去に女性デュオに歌われてヒットした歌をカバーしています。
右は、このアルバムの全曲リスト。 各曲のオリジナルのアーティストを紹介しておくと、一曲目から ザ・ピーナッツ、ピンクレディー、うしろゆびさされ組、ベッツィ&クリス、海原千里・万里、あみん、Wink 、 ビューティ・ペア、ピンクレディー、リンリン・ランラン、リリーズ、キララとウララ、KEY WEST CLUB、Babe 、ザ・ピーナッツ。
アルバム中からメジャーな6曲をピックアップして音域を表示してあります。   前回の特集と同じく、音域の表記は、アルカディアの独自表記です。 数字が大きいほど、音域(低音から高音までの幅)が広い楽曲になります。 この中では、「恋のバカンス」と「サウスポー」、それに「待つわ」などがカラオケで歌うにはおすすめでしょう。 ピンクレディの歌は、ほかの楽曲もカラオケ向きでわりと歌いやすいかも知れませんね。 オリジナルアーティストの音域ではなく、今回もこのアルバム上の 音域で表記してあります。このアルバムは全体的にオリジナルキーに忠実なので このアルバムに合わせて口ずさめるならカラオケでも困ることはそうないでしょう。

デュオ U&U

  01. 恋のバカンス
  02. サウスポー
  03. 渚の『…』
  04. 白い色は恋人の色
  05. 大阪ラプソディー
  06. 待つわ
  07. 淋しい熱帯魚
  08. かけめぐる青春
  09. 渚のシンドバッド
  10. 恋のインディアン人形
  11. 好きよキャプテン
  12. センチ・メタル・ボーイ
  13. お誂え向きのDestiny
  14. Give Me Up
  15. 情熱の花 (PASSION FLOWER)

恋のバカンス

サウスポー

最低音:Bb
最高音:C
音域:14度

恋のバカンス

最低音:G
最高音:Bb
音域:15度

サウスポー

大阪ラプソディー

待つわ

最低音:G
最高音:C
音域:17度

大阪ラプソディ

最低音:A
最高音:B
音域:14度

待つわ

淋しい熱帯魚

渚のシンドバッド

最低音:G
最高音:E
音域:21度

淋しい熱帯魚

最低音:G#
最高音:B
音域:15度

渚のシンドバッド
カラオケで歌うアーティスト特集メニューへ戻る       カラオケで歌う小柳ゆきへ

♪アルカディアはカラオケ教室ともボーカルスクールともちょっとちがう
カラオケ上達のための歌とピアノ弾き語りのプライベートレッスンです♪
Vocal Club ARCADIA
Copyright © 2005 Yoshihito Kitamori
カラオケボックスパセラ